オーストラリアの健康食品・サプリメント(健康補助食品)・自然派コスメティクの通信販売サイト。シドニーから全国へお届けいたします!

現在の小計: 0商品

$0

レジに進む


「オーストラリア流、スローライフから学ぶ、子育て、仕事の両立する悩みと解決方法」

オーストラリア流、スローライフの実践, 子育て・仕事の両立

xf4045127298w

「オーストラリア流、スローライフから学ぶ、子育て、仕事の両立する悩みと解決方法」

私はシドニー在住ですが、オーストラリアの子育てと仕事の両立について調べたところ悩んでいる事はあまり日本と変わらないのではないか、と思います。しかしながらその解決策はどのような方法があるのかは社会事情が異なるため違いがあるようです。幼稚園に預けている間よくある子供の発熱、病気、けが、また、会社での出勤時間と働き方の対応とその解決策を2つ取り上げました。

 

◆目次◆

 

1. 仕事中に幼稚園から子供の発熱、病気、けがの連絡を受けた時の対応
2. 出勤時間と働き方の対応と解決策の方法のご紹介
3.. テーマのまとめ

 

1. 仕事中に幼稚園から子供の発熱、病気、けがの連絡を受けた時の対応
オーストラリアの場合夫婦で子育てをするのは自然の事として日常生活に溶け込んでいます。自分で出来ない場合は主人に頼むのが普通です。近所に両親がいる場合は頼む事もあるようです。それでも都合がつかない場合は友人同士で助け合うグループに頼むかベビーシッターに連絡しているようです。

このような緊急がありますので普段から両親、ベビーシッター、友人グループにコミュニケーションはいつも取るように大切にしているようです。

 

働く母親にとって、子供の病気は、仕事を休むことなります。その対応として日ごろから会社と、同僚に理解を求めておきます。早退はいつでも可能ですが、どうしても時間が取れない場合は主人に頼みます。どちらかが対応できるよう会社は理解しています。

 

また出来るだけ子供が病気にならないように気を付けている事は日頃から体調管理に気を付けている家庭が多かった事です。それは

1)時間通りに早寝早起きを徹底させている。予防接種を受けている。
2)食事に気を付けたり、特にフルーツ・野菜などバランスを考えたメニューにしている。
3)食生活が不規則になりがちな場合、子供用のマルチビタミン&ミネラルのサプリメント
を摂るようにしていた。

 

既に日本でも同じように対応している人がいらっしゃると思います。参考になるとすれば日ごろから友人知人とあるいは近くの両親と交流を深めることがとても大切でになります。

たとえば、お誕生日、祭日を一緒にお祝いしたり、日本ですとお花見で出かけたり、近いところにピクニックへ出かけたり、ドライブやアウトレットのショッピングに出かけたりなどあります。

 

2. 出勤時間と働き方の最善の方法のご紹介
私の隣のオフイスは会計事務所です。その中で子育て中の女子が毎週末出勤しています。話を聞いてみると会社と話し、毎日朝は8時出勤で、午後は幼稚園へ子供を迎えに行くために3時には退社しています。週末は子供を主人に見てもらい仕事を補うのために出勤していると言っていました。

このように、フレキシブルな仕事が可能なのでストレスなく時間を作る事が出来ます。子供の病気で退社する時はその分、早朝や週末出勤して時間の調整をしています。

早退する環境ができているのが子育て中の母親、父親にとって当然となっています。

休む時は月に1度あるシックリーブ(病気の為の休み)か有給休暇扱いです。
オーストラリアでは有給休暇は義務ですから取りやすい環境があります。

子育て中の休暇は男女ともに二週間ありますので、それぞれ別々に休暇を取ってライフスタイルに合った時間を作っているのがスローライフにつながっています。

 

希望により産後女性は一年間休職扱いになります。
その後の復帰は同じポジションに着く事が出来ます。産休の為だけのパートタイムを会社が補充しているので、復帰は難しくないようです。

同じ会社でポジションがあればパ-トタイムに変更する事も出来ます。しかしほとんどの女子は別の会社に行く事が多く、短時間労働の取りやすい職種に変更しています。(パートタイムや公務員的な仕事)

 

男子の働き方も日本では見直されているようですので、会社ともども社会の意識改革によって子育てしやすい環境が整う事でしょう。

 

3. テーマのまとめ

 

仕事中に幼稚園から子供の発熱、病気、けがの連絡を受けた時の対応

*自分で出来ない場合は主人に頼むか近所に両親がいる場合は頼む事がある
*それでも都合がつかない場合は友人同士のグループに頼むかベビーシッターに連絡し
ている
*緊急があるため普段から両親、ベビーシッター、友人グループとコミュニケーションを
大切にして、誕生日、祭日を一緒にお祝い、ドライブ、ピクニック、お花見など
*働く母親にとって、子供の病気などで早退する対応として日ごろから会社と、同僚に理解を求めておく
*いつも、子供が病気にならないように気を付けている事は
1)時間通りに早寝早起きを徹底させている。予防接種を受けている
2)食事に気を付けたり、特にフルーツ・野菜などバランスを考えたメニューにしている
3)食生活が不規則になる場合、子供用のマルチビタミン&ミネラルのサプリメントを摂る

 

出勤時間と働き方の最善の方法のご紹介

*会社と話し時間の調整が効くフレキシブルタイムがストレスなく仕事が出来る
*病気で退社する時はその分、早朝や週末出勤して時間の調整をしている
*子育て中の休暇は男女ともに二週間あり、別々に休暇を取って自分たちのライフスタイルに合った時間を作っているのがスローライフにつながっている
*産後女性は一年間休職扱いになり、復帰後は同じポジションに着く事が出来る
*産休の為だけのパートタイムを会社が補充しているので、復帰は難しくない
*ポジションにより同じ会社でパ-トタイムに変更する事も出来る
*女子は別の会社に行く事が多く、短時間労働の取りやすい職種やパートタイムに変更している
*男性の働き方の見直し論があるようですので日本も男性が子育てに算入できる環境が会社、社会生活が整う事でしょう

気になる方は
子供用のマルチビタミン&ミネラルはこちらです。

皆様のスローライフの感想をお聞かせください。ご意見をお待ちしております。
shizen@imp-pl.com

ーー・・--・・--・・--・・--・・--・・--・・--・・--・・--

会社や社会のあらゆる制度を使って快適な子育てを計画するように、普通に行われているのがオーストラリア社会です。日本でも男子の働き方、社会の意識改革が進む事で出来る成るよう期待しています。

 

スローライフにつなげるには日常生活で自分のルールを決めて、一週間のプランを立てるといいと思います。特別なイベントのある週はその日に合わせたプランにすると変化もあり、楽しくなります。出来る事は積極的に導入して無理はしないでがんばりましょう。

 

ーー・・--・・--・・--・・--・・--・・--・・--・・--・・--

≪お役にたてる資料のご案内≫
IMPストアでは只今オーストラリア流スローライフのご紹介で
≪子育て、家事、仕事の両立術≫の詳しい資料をお届けしております。

 

また、皆様のご意見、ご感想を楽しみにお待ちしております。
IMPストアのお問い合わせサイトから あるいはEメールからお寄せ下さい。

 

清水 利子
オーストラリアの健康・美容を提案するIMPストア/シドニーより

ーー・・--・・--・・--・・--・・--・・--・・--・・--・・--・・--・・--

≪お役にたてる資料のご案内≫はこちらから

IMPストアでは只今オーストラリア流スローライフのご紹介で≪子育て、家事、仕事の両立術≫の詳しい資料をお届けしております。

こちらからご覧になりますのでどうぞアクセスしてご利用ください。

https://imp-pl.com/pillar/m1/1.html?from=hontai

皆様のお役に立てますように願っております。

WEB活用のノウハウ資料をプレゼント

【無料】

3つの両立術

スローライフより
子育て・仕事・家事を楽にする
オーストラリア流の
活用資料をプレゼント!

どうしたら子育て中の家事をいかに時短して自分の時間を作るか?
その方法とヒントをホームページとPDFにまとめました。

子育て・仕事の悩みを解決する


下記のような資料をプレゼント中!

資料の内容
1. 自分の時間をつくるためにやっている3つの両立術
2. 緊急事態(自分・子供の病気等)を防ぐこと
3. 家庭内の協力者(主人が中心)を作ること
4. 家事を工夫すること
5. 時間が出来たら何をする?


また、皆様のご意見、ご感想を楽しみにお待ちしております。
IMPストアのお問い合わせサイトから
あるいはEメールからお寄せ下さい。

清水 利子

オーストラリアの健康・美容を提案するIMPストア/シドニーより
ーー・・--・・--・・--・・--・・--・・--・・--・・-